月別アーカイブ:2018年10月

航空機リース事故

ライオン・エア墜落事故

インドネシアの首都ジャカルタ、そこから19キロ離れたバンカ島パンカルピナン行きの航空機が墜落した。 パンカルピナンはリゾート地としてインドネシアで有名で乗客乗員188名が搭乗して向かい、離陸13分後に連絡が途絶えた。 航空機はボーイング社737max8型の最新機体 ライオン・エアがこの機体を取得したのは2018年8月で800時間しか飛んでいない。   ボーイング社は 「旅客機の事故の報告を受けており、状況を注視している」とツイッター上に投稿している。 Boeing is aware of rep ...

不動産を購入するか賃貸するか

賃貸するか購入するか2

以前【持ち家を買うか・賃貸住宅に住むか】という記事を書かせていただきました。 その中で賃貸すべき州と購入すべき州があり、8つの州以外は購入すべきお伝えしました。 こちらが以前の記事↓↓ 持ち家を買うか・賃貸住宅に住むかinアメリカ しかし、今回ウォール・ストリート・ジャーナルの記事で「アメリカ人の半数以上は今購入するよりも借りた方が安いと感じている」と書いてありました。 なぜ今アメリカではそのように感じている人がいるのでしょうか。     住宅ローン上昇 原因として1番大きく影響を与え ...

アメリカの不動産着工件数

アメリカ不動産の着工件数

昨日書いた「今アメリカ不動産は購入しやす理由」の1つに着工数が減ってきている・売り手市場から買い手市場へ移っていく と書かせていただきました。 アメリカ不動産は今購入しやすい理由   アメリカ政府が発行している最新のレポートがありましたので共有させていただきます。 アメリカ新規不動産着工件数 U.S.Census 2008年9月15日リーマンショックを起こる前から不動産着工件数が右肩下がりに減ってきていることを考えると 一部の不動産関係者はリーマンショックが起こる前に異常な価格変動から予見でき ...

アメリカ不動産は今購入しやすい理由

アメリカ不動産は今購入しやすい理由

日本の不動産仲介業者さん達の定期的に話をしています。 その話の中でほぼ全ての不動産仲介業者さんが言われるのは「融資が難しい」 スルガ銀行の不正問題が発覚し、来年2019年4月12日まで不動産投資への融資停止。 これに伴って他銀行も一斉に投資用不動産への融資引き締めが続いています。   銀行融資引締めで不動産売買は鈍化し、既に値崩れがはじめって来ているように感じています。 もし日本国内(特に地方)で中古マンション一棟フルローン・利回り10%以下の物件を購入された方は入居率を落ちないよう今のうちから ...

海外不動産を購入する際に検討できる借入融資(ローン)

海外不動産を購入する際に検討できる借入融資(ローン)

スルガ銀行の不適切融資がきっかけに国内不動産融資が引き締められ、今までのような頭金なしで不動産を購入することができなくなってきている。 わたしの周りの不動産屋さんも個人への不動産販売は引き締めがきつく、審査があまりにも通らないから個人への売却はやめた! といった声も聞いている。   ただこれは個人融資だけではなく法人への融資にも影響があり、銀行担当者へ話を聞くと 法人融資もフルローンが厳しくなってきている(頭金必要) 金利も今後上げざるを得ない状況になってきている と言われている。 2018年4 ...

コインランドリー経営を考える場合のリスク盗難犯罪

コインランドリー経営のメリット・デメリット

マンション経営をしているとマンションの1階部分に『コインランドリー』がつられている物件資料を目にすることがある。 私が所有している物件にもいくつかコインランドリーが設置されている。   昨日、伊勢湾台風異常の台風と言われていた「台風24号」がきている最中に1件のコインランドリーで現金窃盗犯罪の被害にあった。 週に1度現金回収をしていたので盗まれた金額が大きくないのが不幸中の幸いと考えるしかない。 が、正直個々数年被害がなかっただけに悔しい。   コインランドリー経営に興味を持たれている ...

航空機リース・太陽光・不動産、自然災害に強い投資と節税

自然災害に強い航空機リース

台風の被害は大丈夫でしょうか?   最近、日本列島を通過する台風が大きく、勢力も過去の台風よりも拡大しているのではないかと感じています。 台風が上陸するたび、太陽光パネルが飛ばされていないか・落雷によって発電がストップしていないか?修繕中のマンションは大丈夫か・水漏れしないか? などなど色々と考えさせられます。   昨日の台風24号の台風で佐賀県のアパート上に設置してあったソーラーパネルが飛んで近隣に被害を出したというニュースがありました。 佐賀県だけではなく他県でも住宅上に設置された ...

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用