ボーイング社787MAX8の機体でライオンエア・エチオピア航空の機体が墜落した。

マインド 航空機リース

ライオンエアとエチオピア航空墜落事故類似点

航空機墜落

 

エチオピアの首都アディスアベバ郊外で10日、乗客乗員157人を乗せたエチオピア航空の旅客機が空港を離陸した直後に墜落した。

ケニア首都ナイロビ行きということもあり多くの外国人を乗せていたと言われています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-11/PO6DP66TTDS301

 

今回の航空機事故で亡くなった皆様のご冥福を心より祈ります。

 

 

航空機リース事故
ライオン・エア墜落事故

続きを見る

2018年10月29日 ライオン・エアの機体が墜落した。

それから半年もしない間に航空機墜落事故が再発したことは近年の航空機事故を考えると異常。

過去にも最新機種がこのような形で事故をしたことはありません。

 

また今回のエチオピア航空の事故、そして前回のライオン・エアの事故で類似する点がいくつかあったらので書いていきたいと思います。

 

ライオンエアとエチオピア航空墜落事故類似点

まとめ┃航空機リースの飛行機が墜落した場合どうなるか

航空機

まずは航空機

ボーイング社 737MAX8

この機体はボーイング社の中で最新機種(製造は2017年から)で現在5000機以上注文を100社以上から受けています。

 

墜落のタイミング

どちらのエアラインも離陸後すぐの墜落

ライオン・エアは離陸後13分

エチオピア航空は離陸後わずら6分でレーダーから消えた。

 

天候

離陸時の現地の天候はどちらも良好

 

 

ライオンエアとエチオピア航空墜落事故類似点まとめ

航空機リースの飛行機が事件で墜落したら?

この3つの点だけでは今回のエチオピア航空の事故

そしてライオン・エアの原因はボーイング社にあるとは一概には言えません。

しかし、今公にされている情報ではボーイング社737MAX8は、従来型の737-900ERなどと比べ新しいシステムが導入されていたのではないのか

というような事が出ています。

 

航空機にも書きましたがボーイング 737MAX は100社以上から5000機を超える注文を受けている人気の機体です。

その中で、350機は既に納入して世界を飛び周り、2機墜落。

 

既にライオン・エアはボーイング社へ発注していた航空機をすべてキャンセルしたと発表していますが

今後のボーイング社の対応、そして今後の安全性をどう確保していくか注目していきたいです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

-マインド, 航空機リース

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用