アメリカ 海外不動産投資

アメリカで賃貸するならどのエリアがおすすか

アメリカで不動産投資するうえの利回り上位ランキング

アメリカ不動産の購入を考える上でどこの街の不動産を購入するか悩まれる方も多いかと思います。

一般的に日本人の方に有名な

  • ハワイ
  • サンフランシスコ
  • ロサンゼルス
  • ニューヨーク

この4つのエリアで不動産を購入して賃貸に出した場合、いずれの都市も利回りが2−3%あればいいかなというイメージです。

1つ参考に今販売されている物件で簡単に計算していきたいと思います。

 

実際の物件で計算

ロサンゼルス不動産価格

 

ベニスの物件

エリアはわたしの個人的に気になるエリアのベニス・カリフォルニア!

ゴールドジム本店があり、トレーニーの聖地とされているところです。

このジム周辺エリアで現在売りに出ている物件がありましたので御覧ください。

ベニスゴールドジム近くの物件
Zillow

1953年・6ベッドルーム・4バスルーム・3,398スクエアフィート(315.7平米)

この物件の現在の売値は$2,495,000、日本円で2.74億(110円で算出)になります。

そしてこの物件をそのまま賃貸した場合、$3,795/月(417,450円)になりまり、利回りは1.8%となります。

 

計算していて気がついたんですが、ハワイ・サンフランシスコ・ロサンゼルスと名前を出しておいて参照で計算した物件がベニス・・・。すいません。

 

ハワイの物件

せっかくなのでもうひとつハワイ!そのハワイの中でも1番海がキレイと言われている『カイルア』で検証したいと思います。

ハワイカイルア地域の物件
Zillow

1982年・3ベッドルーム・2バスルーム・2,776スクエアフィート(257.9平米)

この物件の現在の売値は$2,095,000、日本円で2.3億(110円)

この物件を賃貸に出した場合、$4900/月(539,000円)となります。

単純利回りは2.8%になります。

ハワイにしては思ったより利回りいいです。

 

ベニス(カリフォルニア)・カイルア(ハワイ)の物件は両方共4年の減価償却が使える物件になり富裕層の方には大きなメリットがあります。

しかし、この利回りから諸経費等を差し引いていくとインカムゲインとして得られる金額は少ないです。

 

2018年アメリカで不動産投資をする際に利回りの高い5都市を紹介します。

 

2018年利回りの高い5都市

2018年利回りの高い5都市

 

  1. カムデン(ニュージャージー州)

    キャップレート 5.7%
    不動産価格の中央値は$101,900で1スクエアフィートあたり$80とかなり手頃な価格で不動産が購入できます。
    犯罪率が高かった為購入に躊躇してしまいますが、警察改革に成功し犯罪が大幅に減少してきています。

  2. タオス(ニューメキシコ州)

    キャップレート 5.1%
    不動産価格の中央値はカンデンよりも高く$463,900ですが、賃料は$3,960と高くなります。

  3. トレントン(ニュージャージー州)

    キャップレート 4.2%
    ニュージャージー州の州都のトレントンですが、不動産価格の中央値は$145,800とお手頃な価格。1スクエアフィートあたり$107となります。

  4. キーウエスト(フロリダ州)

    キャップレート 4.0%
    フロリダ州の中でも有数の観光スポット【キーウエスト】の不動産価格の中央値は$943,700と高額ですが、観光地ということもあり短期宿泊で貸すことも可能でその場合のキャップレートが7.2%まで上昇します。戦略的に貸すことができれば大きなリターンを得られる可能性があります。

  5. リバーヘッド(ニューヨーク州)

    キャップレート 4.0%
    不動産価格の中央値は$457,700、賃料の中央値は$3,480になります。

 

まとめ

アメリカで不動産投資するうえの利回り上位ランキングまとめ

利回りの高い上位5都市をお伝えしました。

この金額はあくまで都市全体の中央値利回りになり、物件・エリア・学区等で価格が大きく変わってきてまた利回りも変わります。

平均的に利回りが高い都市は失敗が少ない投資になってくるかと思いますので、今後の投資の参考にしてください。

また何かご質問等あれば気軽にお問合せください。

 

参照:mashvisor

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

おすすめ

不動産投資と開発投資を複利で運用 1

海外で不動産投資を検討される方の多くはリスクヘッジの為に投資される方や単純に減価償却狙いで投資される方がほとんどです。   今わたしLagmoがオススメする「海外不動産投資 ×  不動産開発 ...

アメリカ不動産開発投資ランドバンキングとは 2

わたしも実際に不動産開発投資(ランドバンキング)に2018年から投資していますが、2009年頃日本でランドバンキングの案件がよく出回っていました。 わたしの話を聞いた案件すべてWalton社(ウォルト ...

-アメリカ, 海外不動産投資

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用