アメリカ 海外不動産投資

持ち家を買うか・賃貸住宅に住むかinアメリカ

持ち家を買うか・賃貸住宅に住むかinアメリカ

日本で常に話題となっている『持ち家か賃貸か?』をアメリカの不動産の場合どうなのかを考えてみたいと思います。

最近だとホリエモン(堀江貴文さん)が『賃貸住宅に住み続けるか、持ち家を買うか』という質問に堀江さんらしい、その枠を超えた『ホテル』という回答が話題になっていました。
https://newspicks.com/news/3296527/body/

このトピックは日本同様アメリカでもよく繰り広げられています!

 

長期デフレから抜けるに抜けられていない日本と違い、インフレ中のアメリカなら断然不動産を買ったほうがいい!!と多くの方が思われると思います。

その答えは間違いないし、わたしもそう思っていました。

日本とは違い、アメリカではシーン毎に住み替えをする習慣があるため家族が増えた・仕事が変わったなどで住居を変え、日本とは違った論争になります。

多くの州が購入(持ち家)に軍配が上がっていますが、不動産を購入するよりも賃貸するべき州があるので紹介していきたいと思います。

 

購入(ローン)と賃貸価格の比較

まずは下記の資料をみてください。

持ち家を買うか・賃貸住宅に住むかinアメリカ資料

左側(ピンク)が購入した際のローン金額、右側(青)が不動産を賃貸した場合の金額です。

下記の10州は州の平均賃貸価格と毎月のローン支払い額の差が大きいところは購入ができる人であれば購入すべきエリアになります。

  1. ニューヨーク州

    -$1,471

  2. メイン州

    -$675

  3. ロードアイランド州

    -$656

  4. マサチューセッツ州

    -$586

  5. イリノイ州

    -$471

  6. ニュージャージー州

    -$437

  7. フロリダ州

    -$404

  8. バーモント州

    -$379

  9. ペンシルベニア州

    -$368

  10. オハイオ州

    -$296

 

賃貸すべき州

毎月のローン金額が1番高いのはハワイ。

月の平均賃貸料が$2,300に対して、毎月のローン金額が$2,839で完全に逆ザヤになってしまっています。毎月$539(約6万円)を手出しする必要があるのはかなりきついですよね!!

このように家賃よりローン金額の方が高くなってしまっているエリアが下記の図の青色になります!

アメリカで賃貸すべき州

  • ハワイ州
  • オレゴン州
  • アイダホ州
  • モンタナ州
  • ワイオミング州
  • ユタ州
  • コロラド州
  • ニューハンプシャー州

アメリカ51州のうち8州だけは購入よりも借りたほうがいいという結果になっています。

 

まとめ

持ち家を買うか・賃貸住宅に住むかinアメリカまとめ

アメリカは住宅ローンは日本に比べとても高く、一部の州ではすでに金利が上昇して4%から4.5%になっています。

下記は2018年6月から9月までの住宅ローン金利のグラフです。

アメリカ30年住宅ローン金利

安くて4.3%の金利です。

日本からするとかなり高く感じますね!!!それだけ高い金利を支払っても住宅を買った方が良い州が多いというのが本当に驚きです。

 

下記に日本のフラット35の金利を添付します。最安値が0.9%で今が1.34%。

フラット35日本住宅金利
参照:ナビナビ住宅ローン

アメリカとの金利差が3%以上もあると、3000万円を30年借りてたとしたら日本とアメリカで1000万円以上支払総額が異なってきます。

なぜ高い金利を払ってまで不動産を買うのか?

それは、はじめにもお伝えしてあるようにインフレです。

 

アメリカは2008年のリーマンショックとその翌年の2009年を除いて毎年2%前後のインフレを維持し、物価上昇に加え不動産価格も右肩上がりです。

じゃあみんな不動産買うよね?と思いますが、アメリカでは簡単には銀行融資が通りません。

ましてや全額融資はまずないです!!

アメリカでは『持ち家を買うか・賃貸住宅に住むか』という答えは8州を除いて基本的に購入できる人は持ち家を買うということになるかと思います。

 

 

今、日本ではスルガ銀行・かぼちゃの馬車やTATERUなどの問題で融資が通りにくくなっていると聞きます。今後この流れで海外不動産の融資もより厳しくなると考えられますので、アメリカ不動産に興味があってまだ融資が通る方は問題山積みで循環が鈍化している日本ではなく、アメリカ不動産をオススメします!!

もちろんキャッシュで買える方も減価償却はまだ使えるのでおすすめです。

 

西京銀行が海外不動産ローンを2.8%でやってましたが、TATERU問題でアウトですね・・・。
https://www.overseasproperty.jp/maintenance.html?lpid=afflp10011

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

-アメリカ, 海外不動産投資

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用