その他エリア 海外不動産投資

ジョージアの不動産投資は魅力がいっぱい

ジョージアの不動産投資は魅力がいっぱい

不動産投資と言うと馴染みの深い国への投資が浮かんでくるかもしれません。

確かに、それなりに大きな金銭が動く以上、自分が以前からよく見聞きしている国というのは安心かもしれません。

しかし、一方では、それらの国々への投資は、多くの投資家が参加していることが多いというのも事実です。

そこで、今回、投資対象として紹介するのは、ジョージアです。

 

実は、このジョージア、知れば知るほど魅力的な国なのです。

それでは、そんなジョージアへの投資について見ていきます。

 

 

そもそもジョージアってどんな国?

そもそもジョージアってどんな国?

ジョージアと聞くとまずは思い浮かべるのはアメリカの州の名前ではないでしょうか。

今回紹介するジョージアは、アメリカとは真逆の方向、ヨーロッパに位置する国です。

北にロシア、南にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャン等が隣接する地域にあって、コーカサス山脈の南、黒海の東側に位置しています。

日本では、元々はグルジアという呼び方をしていましたから、その方が分かりやすいという方もいらっしゃると思います。

 

そんなジョージアは元々、旧ソビエト連邦(今のロシア)の構成国でしたが、1991年に独立を勝ち取っていて、近年はロシアよりもヨーロッパやアメリカ等へ軸足を移してきています。

ロシアと聞くと寒冷地のイメージがありますが、ジョージアは温暖な気候に恵まれた地域で豊かな自然環境とともに、今、注目を集めている国です。

 

ワイン生産でも有名です。

また、多くの温泉やミネラルウォーターの水源を抱える国でもあります。

 

首都はトリビシで、通貨やラリと言います。

面積69,700km2の国土に2014年のデータでは、3,700,000人あまりの人が住んでいるようです。

 

最古のキリスト教国としても知られ、教会も多く伝統を重んじるお国柄のようです。

多くの鉱物資源や歴史的な遺産にも恵まれてます。

アクセスはヨーロッパはアジアの色々な国から直行便が出ていますが、イスタンブールからが便利なようです。

日本の大相撲でも、黒海や臥牙丸、栃ノ心といった力士はジョージア出身です。

 

 

ジョージアの不動産が投資対象として魅力的な理由は?

ジョージアの不動産が投資対象として魅力的な理由は?

ジョージアは不動産投資の対象としてどのような魅力があるのでしょうか。

具体的に日本から海外への不動産投資を考えている方にとって、他の国と比較しても魅力となる点を紹介していきます。

 

ポテンシャル、エネルギーを秘めた地域

先ほど紹介した通り、ジョージアは温暖な気候と豊かな自然、多くの伝統に守られてきた遺産に恵まれた地域です。

それを活かした農業、観光、リゾート以外にもして鉱物資源を生かした工業やワイン生産等の産業があります。

観光だけも見ても、2017年には約600万人の旅行者が訪れましたが、これは10年間で6倍となったものです。

このように、独立後、発展してきた国であるため、まだまだポテンシャルを秘めた、国として若いエネルギーに溢れていると言っていい国です。

 

手頃な価格と高い利回り

ジョージアの不動産投資の大きな魅力はやはり、その価格と利回りにあります。

一般的な新築のワンルームであれば500万円前後から購入可能でき、

日本の新築マンションと比べると4分の1以下の価格で購入が可能です。

 

高い金利に裏付けされた高利回りが期待でき、ネットで15%以上とも言われています。

しかも、先ほど紹介した通り、まだまだ発展の余地が高い国だというのも、今後の利回りには大きな要素ですね。

 

安全、信用度合の高さ

ジョージアは治安の良さでも知られています。

また、独立後、改革が進んだため、汚職等が少なくなり、ビジネスをする上で大切な経済活動や情報発信の自由さ、透明性も保たれている国で、ビジネスのしやすさランキングでも上位に位置しています。

 

投資をする上では、このようなリスクに対する環境というのは大きな魅力となります。

ある意味、名前だけはよく知っているというアジアの国々以上の環境かもしれません。

 

 

ジョージアで銀行口座って開設できるの?

ジョージアで銀行口座って開設できるの?

海外で投資を行う場合、その国で銀行口座を開設できれば、それにこしたことはないですよね。

しかし、日本でもそうですが、多くの場合、色々な条件があって難しかったりもします。

その点、ジョージアではパスポートなどがあれば比較的簡単に口座が開設でき、ネットバンキングも利用できるようです。

また、日本にいながら口座が開設できるサービスをしているところもあるようですが、せっかく不動産投資をするわけですから、現地に行って口座を開設してみるのもいいかもしれませんね。

多くの銀行で、現地通貨以外にも米ドルやユーロにも対応してくれているのも安心感がありますね。

 

 

ジョージアの不動産に投資するには、どのような方法があるの?どのような物件があるの?

ジョージアの不動産に投資するには、どのような方法があるの?どのような物件があるの?

では、実際にジョージアの不動産に投資するにはどのようにすればいいのでしょうか。

自分で現地に行って色々情報を集める等色々な方法があると思いますが、

実際にはコンサルタント的な役割を果たしてくれるところを利用するのが現実的です。

 

ご連絡いただければ口座の開設から物件の紹介、購入等トータルで面倒を見てくれる日本人コンサルタントをご紹介も可能です。

こちらまでお問合せください。

 

勿論、ご自身で海外の不動産投資に関するノウハウや人脈等があれば自身で購入までの手続きは可能です。

 

ジョージアの不動産物件としては、スキー場等も兼ね備えたヨーロッパ有数のリゾート地としてリゾート施設への投資や、今後多くのリゾート施設の計画もありヨーロッパはもとより世界中から注目されている地域です。

 

どのような物件にどのような方法で投資をするにしても、

不動産投資の基本は現地に行って、直接物件を見て、そして人柄や街の状況等を感じることがとても重要です!

日本からだとまだ直行便はなく、アクセスは良くはありませんが是非、一度、行ってみてください。

 

 

ジョージア投資の魅力

ジョージア投資の魅力

ジョージアの不動産投資について見てみました。

確かにジョージアという国自体をよく知っているわけではないので、色々と不安はあるかと思います。

でも、こうやって見てみると、非常にポテンシャルと感じることができますし、それなりに信頼できる国だということもわかっていただけたと思います。

 

海外への投資というと、カントリーリスクを全くなくすことはできません。

 

その国が自分にとって馴染みがあるかどうかよりも、それぞれの国情や置かれている状況等について、冷静に研究して、比較する必要があります。

 

ジョージアはその地域性も投資環境も魅力がたくさんあるように感じています。

投資抜きでも、食事も美味しいので一度、ジョージアへ行ってみてください!!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

おすすめ

不動産投資と開発投資を複利で運用 1

海外で不動産投資を検討される方の多くはリスクヘッジの為に投資される方や単純に減価償却狙いで投資される方がほとんどです。   今わたしLagmoがオススメする「海外不動産投資 ×  不動産開発 ...

アメリカ不動産開発投資ランドバンキングとは 2

わたしも実際に不動産開発投資(ランドバンキング)に2018年から投資していますが、2009年頃日本でランドバンキングの案件がよく出回っていました。 わたしの話を聞いた案件すべてWalton社(ウォルト ...

-その他エリア, 海外不動産投資

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用