アメリカ 海外不動産投資

海外で不動産賃貸収入を得る為には賃貸価格を知る

海外で不動産賃貸収入を得る為には賃貸価格を知る

不動産を購入後、賃貸し家賃収入を得たいと考えている方が多いかと思います。

案外仲介から届いた物件資料の想定賃料とかを仲介任せに利回りを見ているかはいませんか?

本当にその金額で貸せるのか?

アメリカはインフレだから家賃も更新毎に上昇しているという話を聞き、毎年5−10%も上乗せを想定したシミュレーションをみたことはありませんか?

また空室リスクの話もないなど・・・。

2018年の賃貸価格が発表されていたのでこの価格をみて、家賃価格が上昇しているエリア・下落しているエリアをみて購入の参考にしてください。

 

アメリカ全土の平均家賃価格

アメリカ全土の平均家賃価格

アメリカ全土の1ベッドルームアパートの家賃中央値が$1,209、日本円だと13.3万円弱(110円で計算)

東京都内49市区の全ての1ルーム家賃平均値7万円になります(HOME'Sより算出)

 

また、アメリカの2ベッドルームの家賃中央値は$1,447で、前年と比べ1ベッドルームが2.2%、2ベッドルームが3.2%の上昇となっています。

アメリカ全体では家賃が上昇しているので景気がいいのが伺えます。

 

家賃の高いTOP5

家賃の高いTOP5

  1. サンフランシスコ

    1ルームの価格はアメリカ全土の中でぶっちぎり高い$3,570で2%の上昇2ベッドルームは0.6%下落しているがその価格$4,700

  2. ニューヨーク

    ニューヨークは1ベッドルーム-0.6%・2ベッドルーム-1.0%と共に下落しています。1ベッドルームは$2,870、2ベッドルームが$3,270。サンフランシスコとの差がすごいですね。

  3. サンノゼ

    1ベッドルームの賃料は変わらずの$2,550だが、2ベッドルームは$2,970で-1.3%の下落になった。

  4. ロサンゼルス

    前回5位から1つ順位を上げ4位つけたロサンゼルスの1ベッドルーム価格は$2,320と-0.4%下落、2ベッドルームは$3,200も-0.3%

  5. ボストン

    ロサンゼルスよりも下落幅が大きかったボストンの1ベッドルーム価格は$2,310で-1.3%下落、2ベッドルームは-1.8%の下落で$2,700

 

家賃上昇の高いTOP5

家賃上昇の高いTOP5

  1. カリフォルニア州サンタアナ

    サンタ・アナが家賃価格の高い都市9位に入り、今回始めてTOP10入り!1ベッドルームの月間家賃上昇率が3.4%で$1,830、上昇幅が1番大きな都市となった。また2ベッドルームは$2,140と横ばい。

  2. ロードアイランド州プロビデンス

    プロビデンスが3つ順位を上げ20位となり、1ベッドルームは5.1%上昇し$1,440、2ベッドルームは$1,520と横ばい。

  3. カリフォルニア州サクラメント

    サクラメントは4つ順位を上げ27位となり、1ベッドルームは5.0%上昇の$1,260、2ベッドルームは3.5%の上昇で$1,460になりました。

  4. ノースカロライナ州ウィンストンセーラム

    ウィンストンセーラムの1ベッドルームの価格は全米で1番賃料上昇した都市でその上昇率は5.3%になり8つ順位を上げ75位になりました。

  5. ミシガン州デトロイト

    デトロイトは1ベッドルームの価格が$630で5%上昇し、順位は4つ上げて94位となった。2ベッドルームも好調で4.3%上昇して$720となった。

 

家賃下落の高いTOP5

家賃下落率の高いTOP5

  1. オレゴン州ポートランド

    ポートランドは1ベッドルームの賃料が5.1%下げ$1,440となり、順位は3つ下がり22位となった。

  2. フロリダ州セントピーターズバーグ

    セントピーターズバーグは順位を2つ下げて50位にランクイン。1ベッドルームの価格を2.9%下げ$1,010になりました。

  3. ニューヨーク州シラキュース

    シラキュースは1ベッドルームの家賃を4.6%下落して$830、順位は4つ下げて68位となり、2ベッドルームは5.4%下げ$1,060となった。

  4. ケンタッキー州レキシントン

    レキシントンは1ベッドルームは5.1%下げて$750で順位を5つ下げて83位、2ベッドルームでも3.2%下げて$910となった。

  5. オハイオ州アクロン

    アクロンは1ベッドルームの賃料が全米で1番の下落率5.3%となり$540。2ベッドルームは若干の下落率で1.3%の$740となった。

 

海外不動産家賃全体
引用:zumper

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

おすすめ

不動産投資と開発投資を複利で運用 1

海外で不動産投資を検討される方の多くはリスクヘッジの為に投資される方や単純に減価償却狙いで投資される方がほとんどです。   今わたしLagmoがオススメする「海外不動産投資 ×  不動産開発 ...

アメリカ不動産開発投資ランドバンキングとは 2

わたしも実際に不動産開発投資(ランドバンキング)に2018年から投資していますが、2009年頃日本でランドバンキングの案件がよく出回っていました。 わたしの話を聞いた案件すべてWalton社(ウォルト ...

-アメリカ, 海外不動産投資

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用