マインド 海外不動産投資

海外不動産投資を考える際に注意する点やリスク

海外不動産投資を考える際に注意する注意する点やリスク

すべての投資と言われるものにはリスクがつきものだと考えています。

その中でも不動産投資は他の投資と比べ低リスク・そしてロングリターンを狙えるものだと考えています。

低リスクとお伝えしましたがこれはあくまでも株やFXなどの投資商品と比べ変動率が少なく、消えてなくなってしまうものではないという点で低リスクと書かせていただきています。

 

ただ、海外不動産投資はリスクがゼロなのか?と言われるとゼロではありません。

投資をする前に何がリスクとなり得るのかまずはしっかりと把握しておく必要があります。

海外不動産投資のリスクや気をつける点とは?

海外不動産投資のリスクや気をつける点とは?

投資対象として不動産投資はいつの時代にも、魅力的な選択肢のひとつとして存在するものですが、今やその対象は国内のみならず海外にも向かっています。

国内の不動産市場を見てみますと、インバウンドや東京オリンピック、大阪万博等局地的で限定的な需要も見られますが、一方では人口の減少に歯止めがかからないといったマイナス面もあり、海外での不動産投資をお考えの方も多いと思います。

不動産投資自体は他の投資と違い、実物がそこにあるということで堅実な投資のようですが、やはり気をつけなければいけない点はあります。

今回は特に海外の不動産に投資する場合のリスクや気をつけなければいけない点について見ていきましょう。

 

まず、リスクについて見ていきましょう。

 

 

海外不動産投資リスク

海外不動産投資リスク

カントリーリスク

海外には、日本のように不動産についての権利が明確でない国もあります。

日本の場合だと、不動産を取得しきっちりと登記するとそこで発生する所有者の権利は守られることになります。

いきなりお役所やあるいは誰かがやってきて、あなたの不動産を持っていくということはまずないです。

 

しかし、海外の場合はあなたがせっかく手にした不動産の権利がどこまで守られるのかわからない場合もあります。

そして例え、今はその権利が一定以上守られていたとしても政情不安な国では、これから先どうなるかわかりません。

政権が移ること等でいきなりルールが変わってしまうと言う可能性もあります。

 

為替リスク

いくら海外の不動産投資で収益を得たとしても、あなたが日本で暮らす以上は、最後は、海外で得た収益を日本円に戻さなければいけません。

アメリカドルなどで決済される場合なんかはまだ変動幅が少ないかもしれませんが、新興国の現地通貨で決済する場合などは、その通貨の変動幅も大きくなる可能性があります。

場合によっては、現地通貨建てで計算するとそれなりの利益が出ていても、日本円にしてみると、ほとんど何も残らなかった、あるいは諸費用なんかを考慮するとマイナスになってしまったといったことになるかもしれません。

 

情報不足になるリスク

不動産に投資する場合は、日本で投資を行う場合もそうですが、その物件やその地域に関する情報は、いくらあってもありすぎることはありません。

投資の判断をする際の生命線といっていいかもしれません。

ですが、海外のことですから自分で情報を収集すると言っても限度がありますから必要な情報が集まらないことが十分に考えられます。

また、例え、情報が集まったとしても、個人ではその情報がどこまで信憑性があるものか等確かめる手段もない場合も多いと思います。

 

融資に関するリスク

不動産投資は多額の資金を必要としますから、融資を利用される方が多いと思います。

先に海外不動産投資に関するリスクについて書いてきましたが、

これは、投資を考えているあなたに対するリスクであると同時に、融資をする際に銀行等金融機関が抱えるリスクでもあります。

バブル経済と称された時代は、それでも日本の金融機関も先を争うように海外の不動産投資に対しても融資をしてくれましたが、その後、手痛い目に会うことになります。

ですから、金融機関は海外の不動産投資への融資については、非常に慎重で、そしてリスクを減らすために、量的にも多くを融資をしてくれないことが多いようです。

また、現地の金融機関で資金を調達するのも困難ですし、一般的に日本より利率は高いです。

ですから、せっかく海外の不動産に投資しようとしても、資金を用意できない可能性があります。

 

 

海外不動産投資で気をつけるポイント

では、先ほど紹介したリスクを踏まえて、海外不動産投資を行う場合はどのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。

海外不動産投資で気をつけるポイント

キャピタルゲインにばかり目を向けない

海外不動産投資と言うと、新興国におけるキャピタルゲイン(不動産価格の上昇によって得る利益)に目が行きがちですが、いつまでも上がり続けるわけではないです。

そして、下がり始める兆候のようなものをとらえるのは非常に困難です。

国内の不動産についてもそうですから、常時滞在していない海外となると尚更だと思います。

ですから、一定のインカムゲイン(家賃収入などで得る収益)を期待できるようなものにも目を向けましょう。

 

しっかりとした管理会社や不動産会社を選ぶ

例えば、国内の分譲マンションなんかについても「管理を買え。」と言われる言葉があるくらい不動産といのは管理状態が物件の価値を左右します。

せっかく手にした不動産がどんな状況なのかというのは気になるところだと思いますが、国内ならまだしも海外ではそうたびたび確かめに行くわけにもいきません。

そのあたり、しっかりした会社とお付き合いをするようにしましょう。

管理もそうですし、賃貸する場合の募集等もしっかりとしてくれるかどうか確認が必要です。

お国柄によっては、日本のような募集活動をしてくれないところもあるようですから。

 

できるだけ多くのセミナー等に参加する、現地を視察する

もちろん、海外の不動産投資をする場合には、何らかの情報を得て、投資に踏み切られると思います。

しかし、特定のコーディネーターや不動産会社だけの情報に頼らず、いろんなセミナー等に参加して、いろんな情報を手に入れましょう。

そうすることで、いろんな見方ができるようになります。

そして、あわせてできるだけ多く現地を視察しましょう。

確かに、視察にかかる時間や費用もバカにならないかもしれません。

しかし、大きな買い物ですから、そこは時間やお金を費やしてでも、確認しましょう。

 

 

まとめ

海外不動産投資を考える際に注意する点やリスクまとめ

以上、海外不動産への投資についてリスクと気をつける点について見てきましたが、まずはどのような目的で投資するのかをはっきりとさせることが必要です。

例えば、一攫千金を狙うのか、それとも悠々自適な老後のためのか、そのあたりをはっきりとさせておく必要があると思います。

そして、最も避けなければいけないリスクは自分にとっては何なのか、どこまでのリスクなら耐えれるのか、やってはいけないことは何のかを把握した上で、投資判断をしてください、投資はあくまでも明るい未来のためですから。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Lagmo(ラグモ)です。

国内不動産・航空機・太陽光で投資と節税 アメリカ不動産から得る家賃収入を開発投資へ複利的運用中 不動産開発4年で資産200%増加|投資歴9年 筋トレでメンタルと健康を維持し、投資で自信とゆとりある自分をつくりだす。

おすすめ

不動産投資と開発投資を複利で運用 1

海外で不動産投資を検討される方の多くはリスクヘッジの為に投資される方や単純に減価償却狙いで投資される方がほとんどです。   今わたしLagmoがオススメする「海外不動産投資 ×  不動産開発 ...

アメリカ不動産開発投資ランドバンキングとは 2

わたしも実際に不動産開発投資(ランドバンキング)に2018年から投資していますが、2009年頃日本でランドバンキングの案件がよく出回っていました。 わたしの話を聞いた案件すべてWalton社(ウォルト ...

-マインド, 海外不動産投資

© 2021 アメリカ不動産投資で筋肉質な運用